iphoneアプリ開発は自社開発?それとも委託する?

iphoneアプリ開発は自社開発?それとも委託する?

女の人

自分で作る場合

アプリ開発の時間は、内容によって違います。一番早くできるのは電卓でしょうか。10時間~13時間あれば完成します。そうなるとソーシャルゲームや生活に役立つ機能性のいいアプリ開発の場合、時間はもっとかかるでしょう。自分一人で作るとなったら負担が大きく大変です。ただ、近年はアプリ開発に不可欠なプログラミングがなくても、簡単に作れるようになったため比較的シンプルなものだったら初心者でもiphoneアプリ開発を行なえます。コスパもこっちの方がいいでしょう。

アプリ開発を委託する

イメージを委託する会社に伝えれば、すぐ形にできます。すでに、アプリ開発を手掛ける専門家が揃っていますから、自分で作るよりも早く、そして質のいいものが完成します。もし、自分達で作るとなるとある程度専門知識があればいいですが、ない場合はプログラミングを先に勉強しなければならず、第一段階で時間を要します。一つのアプリを本格的に作ると半年以上は余裕でかかるでしょう。それに対し委託する場合、コストが非常に高くなりますがそれ以上のものを作ってくれますし、負担もかからないので委託した方がいい場合もあります。

エンジニアを雇うという手もある

自分の会社で有能なエンジニアを雇うという手もあります。ただ、自社で開発といっても、何か月もかけて計画を立てて、且つ雇ったエンジニアを定着させることが大切です。とはいえ、エンジニアは社員よりも人件費が高くなることがあるので、社内でエンジニアを育てるというのは難しい気がします。専門会社に委託をすれば、面倒なことはなくなるでしょう。

委託する準備をしよう

ストーリーを書く

アプリの完成型を完全にイメージするのは困難です。そのため、ービスについてアプリ開発を手掛けた会社とイメージを共有する必要があります。そのためには、リリースしてから半年から一年間、ストーリーを描くことが求められます。ストーリーとは、ユーザーの数やアプリの売り上げを表現したものです。一枚の紙にまとめると、理解しやすいでしょう。自身で企画したサービス内容をメインとサブに分けて優先順位をつけることもお忘れなく。メインに対してサブをどのようなタイミングで加えていくかを決めます。後は売り上げとユーザー数がどれだけほしいか目標をたてていきましょう。

企画したものに似ているアプリを探す

自身が企画したサービスも、すでに他の会社がアプリにしている場合もあります。これからライバルとなるアプリを数個挙げて、ユーザーの数や売り上げ、運営機関、運営形態、運営している人数などの情報集めをしましょう。ここで注意したいのは、深く関わらないことです。例えば、アプリを起動した時間や課金サービスの利用頻度まで調べると、自身の時間がなくなってしまいます。どうせなら、その時間をアプリの企画にまわした方が効率がいいです。

予算の事を頭に入れておく

アプリ開発は質によって費用が違うのであまり豪華すぎてもオーバーになるでしょう。アプリ開発を委託するなら月々に支払う金額や雇う人間の数を把握することが必要です。委託する前にどの程度投資すべきかという点を話し合わないと、開発費が広告費に回されていたなんてことになりかねません。

リリースに向けての準備

委託先でパウリ開発をしても、自動的にリリースされるわけではありません。人の目に触れるまでに、企画期間、仕様を決定する期間、作業期間、修正期間と四つの段階を踏む必要が出てきます。一番最後の修正期間は、自ら指摘をして直してもらう部分になります。しかし修正を出せば、リリースするタイミングを逃してしまうのでなるべく指摘したくないのが本音です。そうはいっても、ダウンロード数を稼ぐならいいアプリを作ることが求められるので、修正することを念頭に入れて多めに期間を設けておく必要があります。

アプリ開発をする

スマホとアプリ

ipadアプリ開発を安心して依頼できる会社はどこか

専門会社にアプリ開発を委託したい方はこちらへどうぞ。最も選ばれている会社の特徴を紹介しています。さらに会社選びで大切なこともこのページに記されています。

READ MORE
女の人

iphoneアプリ開発は自社開発?それとも委託する?

自社で作るか、それとも委託するか悩んでいる人も多いはず。またコスト面でも不安要素があるでしょう。安さを取るのか、コストをかけてでもアプリの質を大事にするのかを決めなければなりません。

READ MORE

新着情報